ミノキシジル

ミノキシジルについて

ミノキシジルについて

はじめに ミノキシジル外用薬は現在使用できるAGA(薄毛・男性型脱毛症)の治療薬のなかで有力なものの一つです。また、大きな特徴として「第一類医薬品」であるため、受診せずとも入手可能です。ただ市販薬として入手可能な一方で、どのミノキシジル外用薬を使えばいいのか分かりにくくもなっています。ミノキシジル外用薬を使用するうえで気をつけなければいけないことは何かとあわせて見ていきましょう ミノキシジル外用薬の要点 【ミノキシジル外用薬の効果】 使用開始後 3-6ヶ月で発毛を実感できます。ただし、使用をやめると元の状態に徐々にもどっていきます。 そもそも髪の毛は自然に伸びて、抜けて、また生えてきて、というサイクルを繰り返します。これをヘアサイクルと言います。AGAの場合、毛が伸びる期間=成長期が短くなり、抜けやすくなることが問題です。 ミノキシジルは、ヘアサイクルの成長期への移行を促し、成長期を伸ばすことで、発毛を促進します。   【ミノキシジル外用薬の使い方】 1日2回 1mL/回を気になる部位に塗布。 ミノキシジル外用薬の基本的な使い方は1日2回となっています。朝、晩の2回が基本です。 詳しくは富士化学による動画を見てみてください。 【ミノキシジル外用薬の副作用】 皮膚に直接塗るため、皮膚に合わない場合があります。具体的には、瘙痒,紅斑,落屑,毛包炎,接触皮膚炎などで、一般的なシャンプーなどで肌に合わない場合と同様です。 この副作用自体が、ミノキシジルの成分自体から起きるものか、ミノキシジルを溶かすために入っている添加剤によるものかははっきりしません。そのため、副作用が出た場合にはすぐに使用を中止することが基本ですが、どうしてもミノキシジル外用薬を使いたい方は、ミノキシジル外用薬の違う製品を試してみてもいいかもしれません。 そして正確には副作用とは言い難いのですが、ミノキシジル外用薬の特徴として使いはじめに抜け毛が増える初期脱毛が起こる場合があります。 ミノキシジルはヘアサイクルの改善をします。その際に、休止期にある毛を成長期に移します。すると、休止期にあった古い毛が抜け落ちてしまいます。そのため脱毛が増えます。しかし、これは新しい毛が生えてきている証拠でもありますので、是非ミノキシジル外用薬の使用を続けてください。 ミノキシジル外用薬の選び方 ミノキシジル外用薬は市販でも手に入るため、どれを選べばいいか悩んでしまう場合があると思います。大きな違いとしては ミノキシジルの濃度 ミノキシジル以外の成分 です。 【ミノキシジルの濃度】 ミノキシジル外用薬のベストは5%です。(女性であれば1%) というのも効果として1%, 2% < 5%...
続きを読む