ゴールドクリニックのロゴ
男女の性欲の違い

更新日:2021年05月25日

性欲の男女の違い

はじめに

「性欲」を考えるうえで非常に大切なことは、男性と女性で性欲で求めることが違うことです。
日常で実感されている方もいるかもしれませんが、これは医学的にも言われていることです。
そして、具体的に男女でどう違うのかを知っていることは、良い関係性を築くうえで重要です。相手を喜ばせるためにはまず相手が求めることを知ることが必要です。

どう違うのかをみていきましょう。

性欲とは何か

まず、そもそも性欲とは何かをかんがえましょう。
言葉の定義は難しいのですが、ここでは分かりやすく**「性欲」と「興奮」として区別します。
性欲は
「性的行為をしたいという欲求」のことですが、興奮は「性的刺激を受けてオーガズムに向かっている状態」**のことを指します。興奮というと分かりにくい場合は「感じる」と言い換えてもいいかもしれません。

実在するかは置いておくと、媚薬について考えると違いがわかりやすいです。
「ムラムラさせる薬」と「感度がよくなる薬」は違うということです。
ムラムラさせるのは性欲を刺激していますが、感度がよくなるということは興奮を刺激していることになります。

もちろん性欲と興奮はお互いに刺激しあいます。
性欲が強い時は興奮しやすくなりますし、興奮することによって性欲も強くなります。
しかし、性欲と興奮が一致しないこともあります。
日常的な例でいえば、「パートナーが求めるためにセックスをしたいとは思わないが、セックスをしてオーガズムまで至る」などです。この場合は、性欲はないですが性的な刺激によって興奮はしています。

性欲=なんのためにセックスをするのか

もう一度「性欲」について考えてみましょう。
生物としてみれば性行為は生殖、つまり妊娠を目的としています。そのため、性欲 = SEX = 男性器を女性器に挿入することです。

しかし、「性欲」をよく考えてみると、これにとどまらないことがわかります。
多くの場合男性は、女性器への挿入を伴わなくても、射精をすることで性欲が解消されます。
しかし、射精をしない女性の場合はどうすれば満足するのでしょうか。
オーガズムに達すれば満足、オーガズムがなければ不満が残るとなるのでしょうか。
しかし女性のオーガズムでみたように女性はオーガズムがなくとも多くのセックスで満足しています。

つまり、性欲は「性的行為をしたいという欲求」ではあるけれど、性欲が具体的に何を求めているか=セックスで何を求めているかは男女によって違うということです。
それでは、「性欲」は具体的に男女でどう違うのでしょうか。

男女の性欲の違い

性欲を感じる際に、どのようなことを求めるか男女それぞれを対象に調査した研究があります。

性欲のランキング

男女を比較すると、男性は明らかにオーガズムに達することを重視していました。
一方女性は、精神的な距離=親密さを重視していました。
つまり男性にとっての性欲とは肉体的な快感を指しますが、女性にとっての性欲とは精神的な結びつきを指します。

もちろんこれはあくまで、男女の全体としての傾向です。
しかし、男女にとってこういった性欲の違いがあることを理解していないと、パートナーとの関係がうまくいかない原因になりえます。

男性はセックスにおいて「相手を喜ばせよう」と考えますが、自分の性欲=快感・オーガズムとなっているため女性をオーガズムに達するよう=イカせようと努力します。
しかし、女性自身はオーガズムに達するよりも親密さを求めているというすれ違いがおきえます。

どのように性欲が引き起こされるか

男女で性欲が引き起こされる条件も違います。
男性は、自分の内側から性欲が沸き起こります。一方で、女性は性欲を外的要因によって引き起こされます
わかりやすく言えば、ロマンティックな雰囲気などによって女性の性欲は引き起こされます
漫画やドラマでも男性が女性にセックスを迫るけれども女性が「こんなところじゃ嫌!」というような場面が描かれていたりします。

さらに付け加えると女性の場合、性欲だけでなくオーガズムに達するかどうかも精神的な要素が大きいことが分かっています。
これらを踏まえると、男性が「パートナーを喜ばせる」近道は、肉体的・物理的な刺激というよりも、親密さや雰囲気作りに重点を置いた方がいいかもしれません。

まとめ

男性の性欲はより肉体的
女性の性欲はより精神的

ただし、これはあくまで男女の傾向です。
一人一人にとって性欲が指すことは違います。大切なことは男女ですり合わせることです。
男性の中にも肉体的な欲求よりも親密さを大事にする人もいるでしょうし、女性の中にも肉体的な快感を求める方もいるでしょう。

性欲というのは多くの場合一人で完結することではありません。
そのため、相手の欲求を知り、自分の欲求を伝えることが大切です。

【参考文献】
Journal Sexual Medicine VOLUME 11, ISSUE 11, P2709-2719

老木医師

監修 老木悠人 医師
ゴールドクリニック 院長

医学的根拠に基づいた性に関する情報、性医学の発信に力を入れています