AGA治療は正規処方薬

あなたの未来を決めるのはあなた

AGAって?

薄毛、禿げなどと一般的に言われる状態は医学的にはAGAと言います。AGAとは、 AndroGenetic(男性型) Alopecia(脱毛症)の略です。医学的な定義としては、

“前頭部や頭頂部の頭髪が,軟毛化して細く短くなり,最終的には頭髪が皮表に現れなくなる現象”

を指します。つまり、AGAとは検査で診断するものではなく見た目から

前頭部や頭頂部の薄毛 = AGA

なのです。

実際にAGAになる人

AGAの一番の原因は遺伝です。加えて年齢が影響します。

年齢とともにAGAの方は増えていきます。20代で約10%、30代で約20%、40代で約30%、50代以降で40%以上と年齢とともに割合が高くなっていきます。

(※逆に側頭部の薄毛や円形脱毛はAGAではありません)

実際のところ、

AGAは早期治療が有効なため若い方の受診が多い

です。

※ ”医療広告ガイドライン”遵守のため、薬品名をこちらには表示できません。
薬についての詳細は「薬を確認」からお進みください

AGA治療薬の作用

AGA治療薬は、5-α還元酵素阻害薬という成分が作用します。5-α還元酵素阻害薬は、脱毛を抑えることで発毛を促します。そもそも脱毛は、男性ホルモンに5-α還元酵素が作用することで引き起こされます。5-α還元酵素阻害薬はその名の通り、5-α還元酵素の働きを抑えます。これによって、脱毛を抑えます。

(画像引用:Satoshi.I Belle Pelle 2018.8.20-23より引用改変)

AGA治療効果

治療前

AGA薬 1年内服後 (外用薬併用)

対象:32歳男性

ただし効果には個人差があります(Satoshi.I Belle Pelle 2018.8.20-23より引用)

※ ”医療広告ガイドライン”遵守のため、薬品名をこちらには表示できません。
薬についての詳細は「薬を確認」からお進みください

AGA治療薬 モニターセット 6ヶ月分 【全額返金保証付】

¥62760  54800         

【内容】

・富士化学製 内服薬 1mg 6ヶ月分(28錠/箱を6箱)

・富士化学製 外用薬 6ヶ月分 (60mL/本を6本)

【簡単なご説明】

AGA治療をしっかりと行うための内服と外用の組み合わせです。

AGA治療の一番のハードルは、はじめることです。実際に効果があるかも分からないものに、決して安くはないお金を出すことに抵抗があるのは当然です。

ただしAGA治療は早期に始めるほど効果があります

そこで私たちができることを考えたところ「効果がないと感じられた方には全額返金保証」という方法に思い至りました。

【全額返金保証とは】

細かいことは言いません。ご自身で効果がないと感じられた方には返金いたします。

先に申し上げると、AGAの治療が効果がいない方はいます。

モニターセットと同じ薬の組み合わせで1年間使用した例では94.1%で効果が見られました。

(引用元:Dermatologic Therapy 2018.28.5 303-308)

詳細はこちら

【なぜ6ヶ月なのか】

AGAの薬は基本的に脱毛を抑えることで発毛を促進します。そのため効果の実感には3-6ヶ月が必要です。

AGAの治療がうまくいかない場合に多い理由の一つが効果が出る前にやめてしまうことです。

そのため、AGA薬の効果を試すモニターセットでは十分な期間である6ヶ月としています。

【使用方法】

AGA内服薬ジェネリック 1mg:1日1回 決まった時間に内服(例:朝飲むと決めた方は毎朝)

AGA外用薬:1日2回 頭皮の気になる部分に塗布(詳細はこちら)

【副作用】

・AGA内服薬

性欲減退・勃起不全:0.2%程度

他のAGA薬を見たい方はこちら

当院では、他にも先発薬・ジェネリック含め、さまざまなAGA薬を取り扱っております。

気になる方はこちらからご確認ください。

お薬購入の流れ

簡単3ステップ!

自宅まで薬を配送

2020年4月より広められている新しい病院の受診の仕方です。

直接、病院に来院せずに、電話やテレビ電話で診察を受けることです。当院では、電話での診察をしております。

 

1. 受診予約の際に電話番号を入力していただきます。

2. 予約していただいた時間に当院よりお電話します。

3. 医師より処方に問題がないか、現在飲んでいるお薬などを確認します。(通常5分ほど)

4. 問題がなければ処方となり、当院より発送いたします。

お支払い方法

当院では購入時にカードで事前決済をしていただけます。

そのため予想以上に費用がかかるということはありません。

ご納得のうえで、ご希望の分だけ購入いただけます。

よくある質問

個人輸入とどう違いますか?

個人輸入の場合、海外の製薬会社などから直接お薬を買うことになります。実際は、個人輸入は難しいため「個人輸入代行業者」を使うことが現実的と思われます。しかし、2点問題があります。

1つ目は、偽造品のリスクが非常に高いことです。厚労省のデータでは、40%偽造品と言われています。多くの方が偽造薬があると知りながらも、自分だけは大丈夫と考えていることも指摘されています。(厚労省:個人輸入のリスク)

2つ目は、違法性のある可能性が高いことです。個人輸入代行業者は、合法性を謳っていますが実際には違法となる危険性が高いです。

医療機関ですか?

当院は医療機関です。できるだけ身近に医療を届けるためにネット通販に近い形式でご提供していますが、通常の医院と同様に医師のいる診療所です。そのため、正規処方薬のみを扱っております。また、処方薬を扱う診療所であるため、診察は必須となっています。

保険証は必要ですか?

自費診療のため保険証は不要です。ただし、処方薬であるため本人確認をする必要がありますので、受診予約の際に保険証もしくは免許証を登録していただく必要があります。しかし、本人確認の目的のみに使用するため、保険証の履歴に残ることは一切ありません。

飲み忘れた場合はどうすればいいですか?

飲み忘れに気づいた場合、半日ずらして内服し、翌日からいつも通り内服してください。(例:毎日 寝る前(23時)に内服。 月曜日 内服忘れ -> 火曜日 午前中に内服 (寝る前は飲まない -> 水曜日 寝る前に内服)

精子に影響はありますか?

精子のが減少したという報告があります。ただし頻度としては1%未満です。また、DNAなど胎児に影響があったという報告はありません。子作りを意識されている場合も内服を続けていただいても問題ありませんが、気になる用であれば一度内服を中止していただいても構いません。

女性も使えますか?

男性ホルモンに作用する薬のため女性には使えません。また錠剤に直接触れると皮膚から吸収されますので、女性や子供には触れないよう、触れた場合はすぐに手を洗うようにしてください

偽造薬品の危険性