ゴールドクリニック のロゴ
バイアグラを使う際の心配

バイアグラの使用で心配なこと


EDの治療のためにバイアグラを使う際に注意が必要なのは、安全に薬が使えるかです。処方薬は効果というメリットもありますが、デメリットもあるので上手に使う必要があります。そのために「薬を使えない=禁忌」・「薬を慎重に使う必要がある=注意」・「問題なし」の3つのどれにあてはまるか知りましょう・


バイアグラを上手に使ううえで、相性の悪い飲み薬があります。相性の悪い薬はバイアグラを処方された後にも気をつける必要があります。 禁忌:ニトログリセリン 硝酸イソソルビド ニコランジル アミオダロン塩酸塩 リオシグアトなどがあります。 注意:リトナビル サキナビル ダルナビル エリスロマイシン シメチジン ケトコナゾール イトラコナゾール 降圧剤などがあります。 注意には、副作用に気をつけなければならないものと、バイアグラの量を減らすべきものがあります。是非ご確認ください。


「バイアグラで死亡」という噂はネット上なので見かけることがあります。バイアグラが死亡リスクを高くするという医学的な根拠はありません。バイアグラを中心に腹上死(性行為中に死亡すること)について、どんな性行為が腹上死しやすいのかについてご説明します。


「バイアグラを飲むことは心臓に良くないのではないか?」と思われる方は少なくありません。しかし、医学的には「バイアグラは心臓に負担をかけない」ことが分かっています。ではなぜバイアグラは心臓に危ないというイメージがあるのでしょうか。


EDは不妊の原因にもなります。バイアグラを飲まれる方のなかには、妊娠や遺伝への影響を気にされる方もいるでしょう。結論はバイアグラは妊娠や精液・精子に悪影響はありません。こちらで詳しくご説明します。